スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら 餘部鉄橋



現行橋梁は2010年7月16日夜「はまかぜ5号」の通過をもって供用終了

昨日だっ

昨日で 98年間という 歴史に終止符を打ったんだね



これは 山陰本線 浜坂-豊岡行き


IMG_7030.jpg 


その途中 餘部-鎧駅の間にあるのが この餘部鉄橋です
 
1909年に着工され 1912年(明治45年)1月13日に完成したこの橋は

1月6日生まれの ひぃのおばぁちゃんと 同い年^^

その年3月1日に開通して以来

なんと 98年もの長きにわたって 愛されてきたんだね


IMG_7038.jpg 


全長310.59メートル 高さ41.45メートルのこの橋は

11基の橋脚と23連の橋桁を持つ トレッスル橋となってて

そのフォルムと 朱色に輝く美しさで 知られてきたんだよね




たまたま今年の春 この橋をカメラに収めることができたので

皆さんにも 無くなる前に見てほしいなと


IMG_7052.jpg
 


こんなのどかな町に 事故が起きたのは 1986年の12月

回送中のお座敷列車が 日本海からの突風にあおられて 橋梁の中央部付近より7両が落下

真下にあった水産加工工場を直撃して 6名の尊い命が失われたんだ


IMG_7055.jpg 


風速25メートル以上になれば列車を止めるという規則を守らなかったという 人的ミスとされ

その後制限風速が引き下げられ 列車運休が相次いだことから

事故後  2007年からコンクリート橋への架け替え工事が始められたんだって


IMG_7057_20100717192717.jpg 


それによって 年間数十~百数十回の運休の9割以上が解消されるというから

ありがたいけれど



できれば 改修工事に入る前の 橋梁を見ておきたかったなぁ



IMG_7059.jpg 


現行の車両を通させながらの工事は 大変なものがあるのでしょうね


IMG_7061.jpg 


せっかくなので 急坂を登りつつ

駅のホームまでも 行ってきましたよ^^


IMG_7090.jpg 



IMG_7065.jpg 


ほんとなら こんな景色を 車窓から眺めて見たかったけれど

ちょうどいい時間に走る列車はありませんでした 残念


IMG_7072.jpg 


↑ この海沿いに これだけの高さの橋・・・

突風を もろにくらうのは わかりますね

それにしても 綺麗な橋だこと うっとり


IMG_7078.jpg 


この橋 今後は 餘部駅寄りの3本の橋脚・桁を残し

「空中散歩」のスポットに生まれ変わり 地上41メートルの「空の駅」として整備されるというから

またチャンスがあったら 行ってみたいなぁ


IMG_7083.jpg 


こんな風に しっとりとした町並みを見つつ

美しい橋を見上げることができなくなるのだなぁと思うと

とっても残念な ひぃなのでした

IMG_7095.jpg




今日7月17日から来月11日まで 区間運休して 架設工事が行われ

8月12日早朝の始発電車から 新橋梁を使用開始するというから

また ニュース等でお目にかかれるかも


その時には 昔のこの橋のフォルムを 思い出してあげたいですね^^




comment

管理者にだけ表示を許可する

いつの時代も・・

大きな事故の裏側には人災があるんですよね~!
確かに横風が強そうだ~!

ひぃちゃんの見る景色、ぼくはとっても元気をもらえる。
生きてるって実感を感じさせてくれるフォトブログに感動しているよ。 ありがとう∪o・ェ・o∪きゅ~ん♪ 

ニュースで見て私も感慨深かったです。ひぃさんにここで色々写真みせてもらってまたじーんときました。
数年前の夏に、なくなるからと、バリ鉄の友人に連れて行ってもらった日が懐かしくて♪
鉄橋の赤、その高さ印象的ですよね!
海辺で、鉄橋のたもとで、何本か列車見送ってたの思い出しました^^

あれ これニュースで見たかも?
こんなに綺麗な橋脚だったんですねぇ
TVで見るより ひ~さんのフォトの方が絶対に綺麗だ!^^
見に行きたくなるもんwww

いかん!スイーツ時計のほうに目が行っちゃった!
防げた事故って切ないね(っω`-。)
空中散歩してみたいなぁ(*´◇`*)ポワァン

こいつは

事業仕分けにかかりませんように!
それにしても余部駅のカーニ君(勝手に命名)ナイス!
あまるべ?
山の中なのにカニ!?
手前の「よろい駅」も気になる~

オスマンさんへ

いろんな思惑があるから これくらいなら大丈夫だと 軽い気持ちが事故を重ねてしまうんですね
昨日の 首都高の落下事故も 下手すれば 大惨事になるところでしたよ
あ ちょっと趣旨が違うか
こんな吹きさらしで 一度の事故ですんでる方が むしろびっくりな気も・・・

この橋は見に行きたくてでも見に行けないで終わった橋です
この頃 父が退職する少し前でした いろんな意味でショックの大きかった事故です
美しいこの橋を残して欲しかったけれど安全第一
それは最優先されるべきですものね

心海さんへ

いつも 生きていてこそ そういう思いで書いているのが 伝わっているのかしら^^
励みになります ありがと~
あちこち歩いた景色を ぜひ みんなにも見て欲しい
私の写真は スナップ写真ですけどね~

ruri♪ちゃんへ

ふふ さっすが 鉄子の異名を取るruri♪ちゃん 行ってましたか^^
数年前っていうと もしかして 工事に入る前?
列車も見送ってるとは やるなぁ
私は 境港からの帰りで 時間がなかったので 通過でした
UPするときを 逃していたんだけれど ニュースを見て 今しかないとww
みんなに見てもらえてうれしいわ

saryちゃんへ

(≧∇≦)・:*:・゚ブッ おだてると 明後日木に登っちゃいますよーww
こういう物って 光の当たり方とかで 随分イメージが変わってしまうもんね
ほんとは この日も反対側から撮った方が より赤かったんでしょうけど 時間がなくて 奥には行けなかったのよ
話で聞くのと 生の目で見るのとは やっぱり違うよねぇ

あれく★ちゃんへ

(≧∇≦)・:*:・゚ブッ してやったりww
ね 目がいっちゃうでしょー
そして お腹がきゅるきゅるって
自分ではまってどうする 私ww
25mで運転とりやめのところ 35mだったっていうから やっぱり 走らせるべきではなかったんでしょうね
お客を乗せてない回送電車だったから 甘く考えちゃったのかも
新しい橋も それはそれで見てみたいよね

せくし~たなかさんへ

あはは 目のつけどころが違いますね~
確かに 山の中なのに カニだっww
うんうん 鎧駅ってのも すごいネーミング
通ったけど その時は 意識せずで どんなところだったのか記憶にございませーん 残念

翔子ちゃんへ

そっかぁ 翔子ちゃんのお父さんにとっては 忘れられない記憶の一部となっているのでしょうね
地元の人たちの中でも 意見は分かれるところのようですね 架け替えは
これによって 観光客が少なくなるという意見もないではないようで
けれど やっぱり 安全第一 
これは守られなくてはいけないんですよね

ここの鉄橋は子供のころから見てみたいなあと思いつつ。
結局見ることがないまま終わっちゃいました。
代わりの橋はコンクリの味気ないものなんですねえ・・

いわんさんへ

私は この橋が架け替えられるのを知らないで行ったので 最後の姿を見ることができてラッキーでした
そうなんですよ かわりの橋はコンクリート ただ高いだけの橋になってしまいますね
橋脚を残して 上野部分だけを補強できなかったのかと 素人の私は思ってしまいます

・・た・た・高い

俺にとってこれは・・・^^;
でも こんな橋脚って貴重だから残せるものなら残して欲しいなぁ
タウシュベツも高さは同じくらい
今度は必ず側で見ような^^

ニュース読みました

遺族代表の方のコメントを読んで
やはり地元にとって大事な橋だったのだと
しみじみ思いました。

98年、お疲れ様って言ってあげたいですね

へ~ パッと見て あら 懐かしい 鶴見線。。と思ってしまった σ(・・*)アタシ ww 

K'sへ

(≧∇≦)・:*:・゚ブッ 高所恐怖症だもねぇww
ここの上から見下ろしたら 結構高いもん やっぱり無理かもね
タウシュベツ そだね 湖に沈んでるとき以外にぜひ行ってみたいなぁ 
よろしくですぅ^^

hoiちゃんへ

昨日は ニュースでやっていましたね
遺族にとっては あの上を通る列車を見るたびに その時のことを思い出し胸が痛むのでしょうね
ほんとに ご苦労様という気分です

★みるくちゃんへ

へぇ 鶴見線って知らないけど こんな真っ赤な電車だったのね
案外 地元の列車って知らなかったりするのよね

98年間お疲れ様~
長い歴史のある餘部鉄橋・・・
高い~@@ 綺麗な橋ですね
何でも幕を閉じるという事は寂しさがありますね

( ゜▽゜)/コンバンハ

そういえば・・・
TVニュースやってますたd(=^‥^=)b ね!
歴史の重みを感じまつ・・・。
いろんな思いの方がここを通過したんでつd(=^‥^=)b ね!
そういえば・・・
σ(=^‥^=)の叔父さんが黒部のトロッコ電車の運転手してますて、
引退のときのことを思い出しますた(*・・)σyo

沙羅朋ちゃんへ

いつでもそこにあると思ってるものが なくなるというのは 悲しいものです
こんな素敵な橋が もぉ見れないんですねー
それでも 来月からは 新しい橋が また人々の生活を担っていく
それも素晴らしいことなんですよね

松潤似のyokosukajoeちゃんへ

おっと 今日のjoeちゃんは 松潤似なんでつね
明日は誰似なんだろ ワクワク
えー joeちゃんの叔父様
 トロッコの運転手さんされてたでつか
黒部は2度ばかり行ってるけど まだトロッコには乗ってないんでつよね
放水とともに 今度体験したいと思ってまつ

本当に無くなっちゃうんだね~~。
なんか非常に勿体ないと思うけど、老朽化や安全性を考えると仕方がないのかなぁ~。。
UPカレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ひぃ♪

Author:ひぃ♪
人生半ばを過ぎ
残りが見えてきた今日この頃 
毎日を元気に笑顔で
楽しく過ごそうと決めたっ
北海道大好き 自然好き 
旅行大好き プチ鉄子
そんなσ(・ω・ひ)の
撮りためた素人写真を みんなに 
見てもらえると うれしいなぁ♪

CURURUからのお引越し記事は
http://anzuhee92.blog54.fc2.com/
↑で 見ていただくことができます
興味がある方は 行って見てね^^

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おともだち

23ワイルドライフ 

* * * 風の吹くまま 気の向くままに * * *

あれく★のつぶやかない戯言ブログ♪

番長さる屋敷

憧れは五ヶ国語ぺらぺらだったはずなのに・・

トッコス爺の身近な花・虫・鳥 撮り

岩ゆる歳時記

☆まめみめも☆

大人の富良【ふりょう】グルメ日記&バイク日記

Kia ora 写真館

気まぐれ日記

ハンペンの写楽

どうぞこのまま。。。

北海道のくまのブログ

風来人の<裏>部屋

cafe とまり木

緑の風と木漏れ日

気ままに☆いもち

photo LIFE , camera DAYS

かなのブログ。

のほほん^^

Hanatemariの徒然日記

♪鵠沼海岸♪ 

☆彡くるりん的日々

撮ったり 食べたり

一緒に飲もうよ♪

☆彡LOVE AFFAIR☆彡

photo gallery

Welcome to nao-cchii's world!

のんの陽だまり。

椎名の覚え書き

凍える男オスマン三光

PIYO'S STUDIO

【【プロ子とグレ子の今年は昭和92年 FC2

** Pureplus+ **

Raindrops**

第101空挺師団のブログ

放浪写真館

Moon on the Water

Photowind Natural days

サッポロ黒生のブログ

またみちゃった?

まりもPhoto日記

Colors of the Wind

K's Toy Box

SKY CUBE DREAMER

joy and sorrow.

心を風に乗せて

続・こんな感じどうでしょう

      気ままに楽しく・・・・

夢のふるさと~ビオトープ日記~
検索フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。